絶対に必要な防災アイテムについて紹介!

地震予報!

避難時に役立つポリ袋!

地震は季節問わず、いきなり発生します。そのため服装が十分でなくて、寒かったり、雨に濡れたりして困ることが予測されます。しかし、ポリ袋があればすごく助かるのです。ポリ袋に穴を開けて頭を出すことで合羽も作れるし、被ったまま座り、足もポリ袋の中に入れると、バツグンの保温にもなります。

揃えておきたい!防災アイテム

地震の速報

食料や水

災害避難のときは、食料や水、医薬品が必要になります。だからこそ、先に準備していた方が万が一の時も安心できます。食料には災害用の非常食があり、特徴としては保存期間が長く、火を使わなくても良いものが多くあります。保存期間は2年~5年が望ましいです。次に水は3人家族で2リットルを約12本~18本は必要です。飲料水のみで3~4日は持つような本数を準備してください。

身の安全を確保するもの

次に身を守る用品。地震で倒壊した家や道は何があるか危険です。また砂埃がまって喉に悪影響を及ぼします。そのため、防塵マスクと軍手は必要です。また、頭部を守るためのヘルメットも必要でしょう。他には簡易トイレやビニール袋も万が一のときに助かりますよ。

身元確認に必要

災害時は身元確認をするケースがあります。そのときに必要なのが身分証明書。運転免許書や健康保険書などありますが、日常生活でも身分書は必要になるため災害時の準備品には身分証明書のコピーを入れておきましょう。そうすることで、紛失してもコピーがあれば対応することも可能になります。

放置しておかない

良くありがちなのが、準備することに満足して定期的なチェックをしないということです。そのチェックをしないということは、災害時に賞味期限切れの非常食や飲料水を食べることになります。また必要な物が無くて困ったなどといった状態になる可能性があります。なので定期的な点検をして、いつでも避難できるような体制にしておきましょう。そのちょっとしたチェックが家族や自分を守ることになりますよ。

広告募集中