地震予報について詳しく知っておきましょう!

地震予報!

地震予報のあれこれ情報

女の人

地震予報を受信する方法!

万が一、地震が起きたときにはまずは地震速報を見て状況判断する必要があります。速報には避難場所や土砂崩れ、道路崩壊している危険な場所の情報を流しています。その情報を確認するためには、テレビや携帯、ラジオが必要でしょう。なので外出の際は携帯電話をしっかりと持ち、速報の警告音が流れたら必ずその場で確認しましょう。運転中の場合は、路肩に停めて見て下さい。同乗者がいる場合はその方に見てもらいましょう

地震速報の種類について!

地震が起きると速報がラジオやテレビ、ネットから流れます。その時に目にするのが「予報」「警報」「特別警報」など3つの種類にわけられています。まずは予報ですが、震度3以上の地震が起きる可能性がある場合に流れます。次に警報ですが、震度5弱以上と予測される場合になります。最後に特別警報です。これは震度6弱以上の地震と予測された時に流れます。この速報の種類を理解することで避難する際に重要な情報になります。

速報があった時はいつまで身を守るのか?

速報を確認した後の約1分程度は警戒しましょう。実際に速報を見たり聞いたりしても揺れが来るのが時間が掛かります。なので、速報聞いたから急いで避難ではなくその場の状況を確認して、身を守るために警戒しておきましょう。揺れが落ち着いてから行動して下さい

広告募集中